池袋バーチャルオフィス

池袋バーチャルオフィス

バーチャルオフィス、シェアオフィスイメージ

池袋でバーチャルオフィスをお探しなら副都心線から徒歩5分圏内にあり0円からでスタートできる、 バーチャルオフィス 、レンタルオフィス、と言えば、 onWorkSpace。

株式会社OnRealize(オンリアライズ)が提供するOnWorkSpaceでは、創業時のコストをおさえたり、新しくビジネスを立ち上げたい人を応援しています。

バーチャルオフィスとは?

文字通り「仮想(バーチャル)のオフィス(事務所)」で、実際に入居することなくオフィスとしての住所や電話番号の利用が可能なサービスのことで、単に住所や電話番号の利用だけでなく、郵便物の受け取りや転送、会議室や作業スペースなどを時間で借りられるバーチャルオフィスも多くありますので、自分の事業に合ったサービスプランを見つけることが大切です。

池袋に登記した方がいい一番の理由とは?

池袋はハブステーションとしてたくさんの路線が乗り入れているのもあり、都内でも有数の銀行がひしめきあう場所です。

そして、池袋の豊島区には東京23区の中で唯一、創業時の金利がなんと0%!!

豊島区は創業支援に力を入れており、初期の金利を全額豊島区が負担してくれ、条件を満たせば保証協会の保証料金も一部免除してくれます。

金利が0%だということは、金融機関には元本だけゆっくりと返していけるので創業時の厳しい時を乗り切ることが容易になります。

また、銀行もたくさんあるのであなたに最適な銀行を選び放題!!

創業時に優しい都市になっているので、もし、あなたが個人事業または企業しようと考えているなら、一番優位な都市の一つであることは間違いないでしょう。

onWorkSpace では、その他、創業時に必要な各種サポートも行っていますので、この機会にバーチャルオフィスの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

法人登記、個人事業主でも使えるの?

OnWorkSpaceでは、法人登記簿謄本、定款、銀行口座開設など本店所在住所欄に登記や記載ができるビジネス住所、個人事業主のための住所を提供いたします!

池袋という都心一等地の住所を利用するすることにより、信用力とブランド力が増します。

誰もが知っている信用力のある住所に本社住所や個人事業主の事業所を構えることで、取引先にも安心感や信頼感が生まれ、商談もスムーズに進められる可能性は上がることでしょう。

また、自宅を公開する必要がないため、安心して事業を行うことができます。バーチャルオフィスで住所を低価格でレンタルし、本社住所として使うことも可能です。

ご依頼はウェブから24時間受け付けております。詳しくはページ最下層URLまで宜しくおねがいします。


池袋周辺のバーチャルオフィスの相場

池袋はレジャー施設や多くの企業、銀行が集まり、商業の盛んな地域ですが、月額料金の相場としては3000~5000円といったところです。

池袋でもバーチャルオフィス・レンタルオフィスの人気が高まっている中、新宿区や渋谷区などのエリアと比較しても劣らない地域のブランド力、地方からのアクセスの良さなどから考えても、一般のテナント料金よりはかなりお安いと言えます。

弊社サービスにおいては、プランにより業界初月額0円~バーチャルオフィスを借りることができます。

池袋駅からどれくらいの距離にあるの?

池袋にある数あるバーチャルオフィスの中で、もっとも駅に近いといえる好立地です。

・副都心線「池袋駅」徒歩5分
・JR山手線他「池袋駅」徒歩7分
・東京メトロ丸ノ内線「池袋駅」徒歩7分
・東武東上線「池袋駅」徒歩7分
・西武池袋線「池袋駅」徒歩7分
・東京メトロ有楽町線「池袋駅」徒歩7分

バーチャルオフィスを利用するべき人はどういう人か?

バーチャルオフィスを利用したほうがいい人は、自宅やクライアント先で作業することがほとんどの方や自宅登記することが不可能な方、東京都心部の住所の欲しい方、そして女性などのプライバシーを確保したい方などがその対象かです。

例えば、自宅マンションなどで管理規約上法人登記できない場合や、自公を切り離してプライバシーを確保したい方などはバーチャルオフィスの利用価値は高いです。

池袋 バーチャルオフィスのメリット

  • 1.コスト削減が出来る
    バーチャルオフィスを利用することにより、池袋周辺の家賃相場から比較しても格安でオフィスを借りることができます。通常事業用のオフィスだと数十万から数百万単位の資金が入居前に必要であり、初期の費用をおさえ池袋にオフィスを構えることが可能です。
  • 2.創業支援の金利が0%。保証協会費用も一部免除
    豊島区の池袋では創業支援による金利負担を全額区が負担してくれるため、あなたが銀行に金利を支払う必要がありません。また、一定の条件を満たせば保証協会に支払う保険料も一部免除になります。
  • 3.信頼性のある地域や場所に会社を登記できる
    企業でも個人事業主でも事業所の住所は信頼性に関わる重要な要素です。例えば、池袋の一等地に住所があれば、企業の顧客や金融機関に対する信頼性は抜群だといえるのです。

    起業したばかりであれば、資金面や与信面で池袋の一等地に事務所や事業所を構えること自体が難しいことがあります。しかし、バーチャルオフィスを使用すれば、信頼性のある地域や場所を低コストで借りられることは大きなメリットでしょう。
  • 4.サラリーマンの副業にも
    デジタルコンテンツの販売や有料のスマートフォンアプリの配信などを行うには、特定商取引法に基づく表記に住所を記載しなくてはなりません。 自宅の住所を記載すれば営業訪問や万が一の炎上時に自宅へ見知らぬ人が押しかける事態に。郵便物の転送によって連絡の付く池袋のバーチャルオフィスの利用で、忙しい合間の副業により一層専念することができます。
  • 5.郵送物が自宅へ転送される
    onWorkSpaceにて取得した池袋のバーチャルオフィス住所に届いた郵送物をご自宅やオフィスに転送します。 スタンダードプランにて到達通知オプションを利用すれば、メールですぐに郵送物の到着を確認できるほか、サイトにて転送・破棄の選択が行えます。

池袋 バーチャルオフィスのデメリット

  • 1.審査は決して緩くはない
    バーチャルオフィスは、その性質上、バーチャルオフィスを借り受けた企業がその住所を任意で使用することが可能です。つまり、バーチャルオフィスの住所は、犯罪などに利用される可能性もあり、審査内容としては、決してハードルの低いものではなくなっています。
  • 2.登記が許されないこともある
    バーチャルオフィスとしてのサービスを行っている会社でも、会社としての登記が難しい場合もあります。また、バーチャルオフィスの規定として、登記が許されない業種なども存在するため、契約の際に細かいところまで把握する必要性があると言えます。バーチャルオフィスのデメリットは、バーチャルオフィスを申し込むタイミングで考慮すべきものが殆どです。つまり、バーチャルオフィスの性質をわかっていれば、防げるものがほとんどであるため、サービス内容の確認は必須と言えます。

登録先URL:池袋バーチャルオフィス

株式会社onRealize

1件のコメント

WordPress コメントの投稿者 投稿日:12:12 PM - 2019年9月16日

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。