池袋バーチャルオフィス一覧

池袋のバーチャルオフィスは全国的に知名度の高い「東京・池袋」の住所で登記可能。豊島区池袋、豊島区東池袋、豊島区南池袋、豊島区西池袋など。

池袋には池袋駅からの徒歩圏内にオフィス街が拡がっており、有名企業の本社・支社、IT関連企業などが多く集まっています。また大手百貨店(西武デパート、東武デパート、OIOI)や大型家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ)などの商業施設(映画館、スポッチャ)もあり、常ににぎわっていますね。有名なサンシャインシティもありますし、文化・教育施設(東京芸術劇場、立教大学)も点在している街です。

onWorkSpace池袋

onWorkSpace は、月額0円から借りられる新興のバーチャルオフィスです。

使える住所は「豊島区池袋」。西も東も南もつかない純粋な「池袋」という住所に法人登記できるメリットは大きいでしょう。池袋は乗車数全国2位、世界第2位のメガターミナルあり、交通利便性の高い駅ですが、そんな池袋駅から徒歩5分の距離に onWorkSpaceの池袋支店はあります。 個人事業主は0円~という格安というか、月額無料から使え、法人は4980円~利用できます。また、各種オプションも揃えられていて、新規に事業を立ち上げる人にはとても良いサービスを取り揃えています。

住所   東京都池袋2丁目
アクセス 副都心線「池袋駅」徒歩5分
     東京メトロ有楽町線「池袋駅」徒歩7分
     JR山手線他「池袋駅」徒歩7分
     西武池袋線「池袋駅」徒歩7分
     東京メトロ丸ノ内線「池袋駅」徒歩7分
     東武東上線「池袋駅」徒歩7分

■ゼロプラン 月額0円~(個人事業主)
     登記、住所利用、郵便転送

■スタンダードプラン 月額4980円
     住所利用、法人登記、郵便受取、郵便転送、郵便到着通知
■プロフェッショナルプラン 月額9980円
      住所利用、法人登記、郵便受取、郵便転送、郵便到着通 、ビジネスコンサルティング

バーチャルオフィスのオフィスナビ

池袋駅のお隣、「新大塚駅」からすぐの場所にあるバーチャルオフィスです。駅から1分ですから、郵便物を受け取りに行くときはとても便利ですね。

幅広い年齢層の方が利用していますが、オーナーさんがシニアなのでシニア起業家のかたは特に大歓迎だそうですよ。

オフィスナビの一番の魅力といえば、月額料金がとにかく格安なことでしょう。電話番号・転送サービスが不要な場合は月額3,000円以下。しかも年間払いにすれば、月額1,950円です!起業したばかりでコストを極力抑えたい個人事業主の方は、必見です。

4名用の小規模な応接スペースは1時間あたり1,500円で利用できます。ただし完全個室ではないので、情報管理が必要な打ち合わせには向いていません。このほかに、バーチャルオフィスの契約者が利用できる貸しデスクサービスあり。料金は1時間あたり1,000円です。外出中にちょっとPC作業をしたいときなどに重宝します。

住所 東京都豊島区南大塚
アクセス 丸ノ内線新大塚駅徒歩1分
     JR山手線大塚駅徒歩7分

■バーチャルオフィス格安コース 月額2871円(月額1950円/年間払)
     登記、住所利用、郵送物転送

■バーチャルオフィス転送電話コース 月額6482円
     登記、住所利用、郵送物転送、03番電話転送

■バーチャルオフィス転送電話コース 月額6482円
     登記、住所利用、郵送物転送、03番電話代行、共用FAX

Incubator7

こちらは池袋の駅前、「東京都豊島区池袋」の一等地に住所を持てるバーチャルオフィスです。プランは二つありますが、違いは電話番号・転送サービスの有無です。電話サービスがついたバーチャルオフィスプラン1のほうでも月額9,800円ですから、起業したばかりでも利用しやすいのではないでしょうか。

平日9:00~18:00は受付スタッフ常駐しています。届いた郵便物はこの時間内に事前連絡しておけば、無料で受け取れます。転送を希望する場合は週1回、指定の転送先へ送付してもらえます。レンタルオフィスも運営おり会議スペースもありますが、バーチャルオフィスの契約者は利用はできませんのでご注意ください。

住所    〒171-0014 東京都豊島区池袋2

アクセス  JR山手線池袋駅徒歩6分
      副都心線池袋駅徒歩4分

■バーチャルオフィスプラン1 月額9800円 
      登記、住所利用、郵便物受取・転送、電話転送

■バーチャルオフィスプラン2 月額4,900円 
      登記、住所利用、郵便物受取・転送

池袋アントレサロン

登記できる住所がもらえて、郵便物や宅配物の受け取りができれば十分、という方にはかなりオススメなバーチャルオフィスです。

アントレサロンは池袋のほかにも銀座、新宿、川崎、横浜などに店舗があります。メンバーは、契約した店舗以外の会議室やセミナールームも使用可能。20名~24名収容のセミナールームもあります。受付スタッフによるお茶出しサービス(オプション)を利用すれば、さらに好印象ですね。

月額料金は、わずか3,800円と格安。さらに会議室やセミナールームも、1時間あたり500円~1,500円で利用できます。

電話転送は月額4,000円+通話料のオプションサービスです。

住所     〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目

アクセス   JR線池袋駅徒歩5分
       丸ノ内線・有楽町線池袋駅徒歩6分

■基本プラン 月額3,800円 
       登記、住所利用、受付、郵便物受取

インスクエア池袋

駅からも近く、また豊島区役所のお隣ですから訪問者にも案内しやすいバーチャルオフィスです。営業時間中は受付スタッフが常駐していますし、電話応対も丁寧で信頼できます。電話応対は、不満があれば利用料を返金するという、返金保証付き。期待できますね。

またビジネスのお相手を安心して招くことができる会議室は、2部屋あります。レンタルオフィスも運営しているのでオフィス設備は整っており、その割には料金が安めです。

契約時は6か月分の利用料を前払いすることになっています。そのほかに通常は入会金として10,000円が必要です。ただしキャンペーン中は入会金がゼロ円になるので、お見逃しなく!

住所   〒171-0022 東京都豊島区南池袋2

アクセス 各線「池袋駅」東口(中央口)徒歩6分
     有楽町線「東池袋駅」1番出口より徒歩30秒

■ベーシックプラン 月額7,500円 
     登記、住所利用、アシスタントサービス、郵便物・宅配受取転送、会議室

■電話+テレアシスタントプラン 月額2,800円 
     アシスタントサービス、郵便物・宅配受取転送、会議室

池袋ビジネスサポート

海外または地方都市に本社を置いている企業が、池袋にほんの数か月だけ営業拠点を持ちたい。ほかのエリアで活動している個人事業主の方が、急に東京でオフィス形態を確保する必要が生じた。郵便物の受け取りができるポストもほしいが、携帯電話やデータ通信端末も手っ取り早く手配したい。

「池袋ビジネスサポート」は、こんなニーズに応えてくれます。バーチャルオフィスで郵便受け取りや電話番号の使用・転送サービスは当たり前に提供されています。でも携帯電話やデータ通信端末までレンタルできるところは、珍しいですよね。利用するには審査がありますが、きちんとした事業説明ができれば心配ありません。

また個人事業主の女性にうれしい、レディースプランあり。私設私書箱の月額プランが安くなっています。オフィスは池袋駅から徒歩数分で、好立地です。ただし法人登記はできません。

住所   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3丁目

アクセス 池袋駅徒歩3分
       
■パーソナルプラン 月額4320円(個人名で登録) 
       
■団体プラン    月額64800円 

■レディースプラン 月額3240円(個人名で登録)
      
いずれも基本プランは私設私書箱の利用料金。郵便物転送(1件216円、2個めから108円)、03番電話転送(10800円)などオプションあり

Karigoバーチャルオフィス東京池袋

Karigoバーチャルオフィス東京池袋は明治通りに面した「池袋駅東口から徒歩6分」のアクセスの良い場所にあるバーチャルオフィスです。

郵便物の受け取りは、転送のほかに営業時間内の直接受け取りもできます。営業時間は平日10:00~18:00です。
運営は全国40拠点以上で展開する大手Karigo。
>>Karigoの詳細はこちら

Karigoバーチャルオフィス東京池袋の会議室は1室で、8名用です。基本使用料は1時間あたり2,100円。ただしバーチャルオフィスの月額プランを通常料金で契約した場合は、プランによって3~6時間分が無料になります。

その月額プランを期間限定の割引キャンペーン開催中に契約した場合、ずっと割引価格で継続できます。プランによって通常料金より2,500円~5,000円ほど安くなるので、ねらい目ですよ!

住所   〒173-0013 東京都豊島区東池袋(提供住所)

アクセス JR山手線池袋駅東口徒歩6分
     丸の内線池袋駅徒歩7分
     有楽町線池袋駅徒歩7分
     副都心線池袋駅徒歩7分
     西武池袋線池袋駅徒歩7分
     武東上線池袋駅徒歩7分


■ホワイトプラン 月額3150円(個人)・5250円(法人) 
     登記、住所利用、荷物受取代行、共有FAX

■ ブループラン  月額10500円 
     登記、住所利用、荷物受取代行、共有FAX、電話転送

■シルバープラン 月額15750円 
     登記、住所利用、荷物受取代行、共有FAX、電話転送、電話代行

ワンストップビジネスセンター池袋

ワンストップビジネスセンター池袋は日本全国で25拠点超のバーチャルオフィスを展開する大手バーチャルオフィス運営企業の「池袋オフィス」です。

使える住所は「豊島区東池袋」。池袋は乗車数全国2位のメガターミナルあり、交通利便性の高い駅ですが、そんな池袋駅から徒歩3分の距離にワンストップビジネスセンター池袋はあります。登記は4,800円~という格安料金であり、また会員はワンストップビジネスセンターが保有する全国の会議室も1時間1,000円~という格安料金で使えるため、打ち合わせやセミナー開催など、必要に応じて活用できそうです。大手ならではの規模のメリットを享受できるバーチャルオフィスと言えるでしょう。

住所   東京都豊島区東池袋1丁目

アクセス JR池袋駅東口徒歩3分

■エコノミープラン 月額4800円
     登記、住所利用、郵便転送、来客対応、会議室利用、定款・株主名簿保管

■ビジネスプラン  月額8900円
     登記、住所利用、郵便転送、来客対応、会議室利用、定款・株主名簿保管、専用電話番号の転送、FAX転送

■プレミアムプラン 月額14800円
     登記、住所利用、郵便転送、来客対応、会議室利用、定款・株主名簿保管、専用電話番号での電話秘書対応、FAX転送

豊島区バーチャルオフィス(池袋)

皆様こんにちわ。株式会社OnRealize(オンリアライズ)が提供するOnWorkSpaceでは、創業時のコストをおさえたり、新しくビジネスを立ち上げたい人を心より応援しています。

豊島区でバーチャルオフィスをお探しなら駅から徒歩5分圏内にあり0円からでスタートできる、 バーチャルオフィス 、レンタルオフィス、と言えば、 onWorkSpace をご利用ください。

バーチャルオフィスとは何ですか?

文字が表す通り「仮想(バーチャル)オフィス(事務所)」の総称で、実際に入居することなくオフィスとしての住所や電話番号の利用が可能なサービスのことです。単純に住所や電話番号の利用だけでなく、郵便物の受け取りや転送、会議室や作業スペースなどを時間で借りられるレンタルオフィスやバーチャルオフィスも多くありますので、自分の事業に見合ったサービスプランを見つけることが大切です。 onWorkSpace では月額0円~サービスを受けることができます。

個人事業主、法人登記でも使えますか?

OnWorkSpaceでは、法人登記簿謄本、定款、銀行口座開設など本店所在住所欄に登記や記載ができるビジネス住所、個人事業主のための住所を提供いたします!

誰もが知っている信用力のある住所に本社住所や個人事業主の事業所を構えることで、取引先にも安心感や信頼感が生まれ、商談もスムーズに進められる可能性は上がることでしょう。

豊島区の池袋という都心一等地の住所を利用するすることにより、信用力とブランド力が増します。

また、自宅を公開する必要がないため、安心して事業を行うことができます。バーチャルオフィスで住所を低価格でレンタルし、本社住所として使うことも可能です。

バーチャルオフィスを利用するべき人はどういう人ですか?

例えば、自宅マンションなどで管理規約上法人登記できない場合や、自公を切り離してプライバシーを確保したい方などはバーチャルオフィスの利用価値は高いです。

バーチャルオフィスを利用したほうがいい人は、自宅やクライアント先で作業することがほとんどの方や自宅登記することが不可能な方、東京都心部の住所の欲しい方、そして女性などのプライバシーを確保したい方などがその対象です。

豊島区になぜ登記した方がいいのですか?

豊島区の池袋はハブステーションとしてたくさんの路線が乗り入れているのもあり、都内でも有数の銀行がひしめきあう場所です。

豊島区は創業支援に力を入れており、初期の金利を全額豊島区が負担してくれ、条件を満たせば保証協会の保証料金も一部免除してくれます。

そして、豊島区には東京23区の中で唯一、創業時の金利がなんと0%!!(ビックリ!)

金利が0%だということは、金融機関には元本だけゆっくりと返していけるので創業時の厳しい時を乗り切ることが容易になります。

また、銀行もたくさんあるのであなたに最適な銀行を選び放題!!

創業時に優しい都市になっているので、もし、あなたが個人事業または企業しようと考えているなら、一番優位な都市の一つであることは間違いないでしょう。

onWorkSpace では、その他、創業時に必要な各種サポートも行っていますので、この機会にバーチャルオフィスの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

豊島区池袋周辺のバーチャルオフィスの相場はどれくらいですか?

豊島区でもバーチャルオフィス・レンタルオフィスの人気が高まっている中、新宿区や渋谷区などのエリアと比較しても劣らない地域のブランド力、地方からのアクセスの良さなどから考えても、一般のテナント料金よりはかなりお安いと言えます。

豊島区の池袋はレジャー施設や多くの企業、銀行が集まり、商業の盛んな地域ですが、月額料金の相場としては3000~5000円といったところです。

弊社 onWorkSpace のサービスにおいては、プランにより業界初月額0円~バーチャルオフィスを借りれるところがポイントです!

豊島区、池袋バーチャルオフィスのメリット

1.創業支援の金利が0%。保証協会費用も一部免除
豊島区の池袋では創業支援による金利負担を全額区が負担してくれるため、あなたが銀行に金利を支払う必要がありません。また、一定の条件を満たせば保証協会に支払う保険料も一部免除になります。

2.コスト削減が出来ます
バーチャルオフィスを利用することにより、池袋周辺の家賃相場から比較しても格安でオフィスを借りることができます。通常事業用のオフィスだと数十万から数百万単位の資金が入居前に必要であり、初期の費用をおさえ池袋にオフィスを構えることが可能です。

3.信頼性のある地域や場所に会社を登記できます
企業でも個人事業主でも事業所の住所は信頼性に関わる重要な要素です。例えば、豊島区の池袋一等地に住所があれば、企業の顧客や金融機関に対する信頼性は抜群だといえるのです。起業したばかりであれば、資金面や与信面で池袋の一等地に事務所や事業所を構えること自体が難しいことがあります。しかし、バーチャルオフィスを使用すれば、信頼性のある地域や場所を低コストで借りられることは大きなメリットでしょう。

4.サラリーマンの副業にも最適です
デジタルコンテンツの販売や有料のスマートフォンアプリの配信などを行うには、特定商取引法に基づく表記に住所を記載しなくてはなりません。 自宅の住所を記載すれば営業訪問や万が一の炎上時に自宅へ見知らぬ人が押しかける事態に。郵便物の転送によって連絡の付く池袋のバーチャルオフィスの利用で、忙しい合間の副業により一層専念することができます。

5.郵送物が自宅へ転送されます
onWorkSpaceにて取得した豊島区池袋のバーチャルオフィス住所に届いた郵送物をご自宅やオフィスに転送します。 スタンダードプランにて到達通知オプションを利用すれば、メールですぐに郵送物の到着を確認できるほか、サイトにて転送・破棄の選択が行えます。

豊島区、池袋 バーチャルオフィスのデメリット

1.登記が許されないこともある
バーチャルオフィスとしてのサービスを行っている会社でも、会社としての登記が難しい場合もあります。その点弊社での登記は心配ございません。また、バーチャルオフィスの規定として、登記が許されない業種なども存在するため、契約の際に細かいところまで把握する必要性があると言えます。バーチャルオフィスのデメリットは、バーチャルオフィスを申し込むタイミングで考慮すべきものが殆どです。つまり、バーチャルオフィスの性質をわかっていれば、防げるものがほとんどであるため、サービス内容の確認は必須と言えます。

2.審査は決して緩くはない
バーチャルオフィスは、その性質上、バーチャルオフィスを借り受けた企業がその住所を任意で使用することが可能です。つまり、バーチャルオフィスの住所は、犯罪などに利用される可能性もあり、審査内容としては、決してハードルの低いものではなくなっています。

3.銀行口座のオープンが難しい
こちらも犯罪などに利用される可能性への言及になります。銀行口座をオープンするためにはしっかりとした前準備が必要になります。事前準備書類、銀行の紹介等コンサル業務として承っておりますので、もし、銀行口座コンサルをご希望の場合はお問い合わせください。

池袋駅からどれくらいの距離にありますか?

豊島区の池袋にある数あるバーチャルオフィスの中で、もっとも駅に近いといえる好立地です。 駅からのアクセスが容易なところもいいですね。

・副都心線「池袋駅」徒歩5分
・東京メトロ有楽町線「池袋駅」徒歩7分
・JR山手線他「池袋駅」徒歩7分
・西武池袋線「池袋駅」徒歩7分
・東京メトロ丸ノ内線「池袋駅」徒歩7分
・東武東上線「池袋駅」徒歩7分


是非ご利用ください。

豊島区(池袋)にはどんな銀行がありますか?

豊島区の池袋にはたくさんの銀行がひしめき合っています。だからこそ、あなたのビジネスに最適な銀行が見つかるはずです。以下には主な銀行を掲載いたしました。

  • 1.みずほ銀行
  • 2.三菱UFJ銀行
  • 3.三井住友銀行
  • 4.八十二銀行
  • 5.りそな銀行
  • 6.新生銀行
  • 7.大光銀行
  • 8.群馬銀行
  • 9.ゆうちょ銀行
  • 10.東日本銀行
  • 11.あおぞら銀行
  • 12.きらぼし銀行
  • 13.東京スター銀行
  • 14.東京信用金庫 本店
  • 15.巣鴨信用金庫
  • 16.第四銀行
  • 17.東京三協信用金庫
  • 18.西京信用金庫
  • 19.ハナ信用組合
  • 20.etc

豊島区とはどんな場所ですか?

東京23区の西北部に位置する。池袋駅を中心とする副都心を擁し、サンシャインシティや豊島区役所などの超高層ビル群が建ち並ぶ。区の中心は地理や行政・民間ともに池袋地区で、2020年春には旧豊島区役所跡地周辺に超高層ビルが建設され、8つの劇場を含む国際的な「文化にぎわい拠点」が開業予定となっている。また、池袋駅西口では三菱地所による池袋駅西口地区再開発事業が計画されており、超高層ビル3棟が駅前に建設される予定となっている。また、立教大学、学習院大学、川村学園女子大学、東京音楽大学といった教育機関、高級住宅街である目白、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園や慈眼寺、染井霊園などが存在する。昭和40年度(1965年)の国勢調査の結果、日本一の人口密度の地方自治体になった(前回調査までの1位は東京都台東区)2005年の国勢調査では、東京都中野区に次いで国内第二位となったが、2010年の調査で再び人口密度日本一となった。

Wikiより引用

池袋バーチャルオフィス

池袋でバーチャルオフィスをお探しなら副都心線から徒歩5分圏内にあり0円からでスタートできる、 バーチャルオフィス 、レンタルオフィス、と言えば、 onWorkSpace。

株式会社OnRealize(オンリアライズ)が提供するOnWorkSpaceでは、創業時のコストをおさえたり、新しくビジネスを立ち上げたい人を応援しています。

バーチャルオフィスとは?

文字通り「仮想(バーチャル)のオフィス(事務所)」で、実際に入居することなくオフィスとしての住所や電話番号の利用が可能なサービスのことで、単に住所や電話番号の利用だけでなく、郵便物の受け取りや転送、会議室や作業スペースなどを時間で借りられるバーチャルオフィスも多くありますので、自分の事業に合ったサービスプランを見つけることが大切です。

池袋に登記した方がいい一番の理由とは?

池袋はハブステーションとしてたくさんの路線が乗り入れているのもあり、都内でも有数の銀行がひしめきあう場所です。

そして、池袋の豊島区には東京23区の中で唯一、創業時の金利がなんと0%!!

豊島区は創業支援に力を入れており、初期の金利を全額豊島区が負担してくれ、条件を満たせば保証協会の保証料金も一部免除してくれます。

金利が0%だということは、金融機関には元本だけゆっくりと返していけるので創業時の厳しい時を乗り切ることが容易になります。

また、銀行もたくさんあるのであなたに最適な銀行を選び放題!!

創業時に優しい都市になっているので、もし、あなたが個人事業または企業しようと考えているなら、一番優位な都市の一つであることは間違いないでしょう。

onWorkSpace では、その他、創業時に必要な各種サポートも行っていますので、この機会にバーチャルオフィスの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

法人登記、個人事業主でも使えるの?

OnWorkSpaceでは、法人登記簿謄本、定款、銀行口座開設など本店所在住所欄に登記や記載ができるビジネス住所、個人事業主のための住所を提供いたします!

池袋という都心一等地の住所を利用するすることにより、信用力とブランド力が増します。

誰もが知っている信用力のある住所に本社住所や個人事業主の事業所を構えることで、取引先にも安心感や信頼感が生まれ、商談もスムーズに進められる可能性は上がることでしょう。

また、自宅を公開する必要がないため、安心して事業を行うことができます。バーチャルオフィスで住所を低価格でレンタルし、本社住所として使うことも可能です。

ご依頼はウェブから24時間受け付けております。詳しくはページ最下層URLまで宜しくおねがいします。


池袋周辺のバーチャルオフィスの相場

池袋はレジャー施設や多くの企業、銀行が集まり、商業の盛んな地域ですが、月額料金の相場としては3000~5000円といったところです。

池袋でもバーチャルオフィス・レンタルオフィスの人気が高まっている中、新宿区や渋谷区などのエリアと比較しても劣らない地域のブランド力、地方からのアクセスの良さなどから考えても、一般のテナント料金よりはかなりお安いと言えます。

弊社サービスにおいては、プランにより業界初月額0円~バーチャルオフィスを借りることができます。

池袋駅からどれくらいの距離にあるの?

池袋にある数あるバーチャルオフィスの中で、もっとも駅に近いといえる好立地です。

・副都心線「池袋駅」徒歩5分
・JR山手線他「池袋駅」徒歩7分
・東京メトロ丸ノ内線「池袋駅」徒歩7分
・東武東上線「池袋駅」徒歩7分
・西武池袋線「池袋駅」徒歩7分
・東京メトロ有楽町線「池袋駅」徒歩7分

バーチャルオフィスを利用するべき人はどういう人か?

バーチャルオフィスを利用したほうがいい人は、自宅やクライアント先で作業することがほとんどの方や自宅登記することが不可能な方、東京都心部の住所の欲しい方、そして女性などのプライバシーを確保したい方などがその対象かです。

例えば、自宅マンションなどで管理規約上法人登記できない場合や、自公を切り離してプライバシーを確保したい方などはバーチャルオフィスの利用価値は高いです。

池袋 バーチャルオフィスのメリット

  • 1.コスト削減が出来る
    バーチャルオフィスを利用することにより、池袋周辺の家賃相場から比較しても格安でオフィスを借りることができます。通常事業用のオフィスだと数十万から数百万単位の資金が入居前に必要であり、初期の費用をおさえ池袋にオフィスを構えることが可能です。
  • 2.創業支援の金利が0%。保証協会費用も一部免除
    豊島区の池袋では創業支援による金利負担を全額区が負担してくれるため、あなたが銀行に金利を支払う必要がありません。また、一定の条件を満たせば保証協会に支払う保険料も一部免除になります。
  • 3.信頼性のある地域や場所に会社を登記できる
    企業でも個人事業主でも事業所の住所は信頼性に関わる重要な要素です。例えば、池袋の一等地に住所があれば、企業の顧客や金融機関に対する信頼性は抜群だといえるのです。

    起業したばかりであれば、資金面や与信面で池袋の一等地に事務所や事業所を構えること自体が難しいことがあります。しかし、バーチャルオフィスを使用すれば、信頼性のある地域や場所を低コストで借りられることは大きなメリットでしょう。
  • 4.サラリーマンの副業にも
    デジタルコンテンツの販売や有料のスマートフォンアプリの配信などを行うには、特定商取引法に基づく表記に住所を記載しなくてはなりません。 自宅の住所を記載すれば営業訪問や万が一の炎上時に自宅へ見知らぬ人が押しかける事態に。郵便物の転送によって連絡の付く池袋のバーチャルオフィスの利用で、忙しい合間の副業により一層専念することができます。
  • 5.郵送物が自宅へ転送される
    onWorkSpaceにて取得した池袋のバーチャルオフィス住所に届いた郵送物をご自宅やオフィスに転送します。 スタンダードプランにて到達通知オプションを利用すれば、メールですぐに郵送物の到着を確認できるほか、サイトにて転送・破棄の選択が行えます。

池袋 バーチャルオフィスのデメリット

  • 1.審査は決して緩くはない
    バーチャルオフィスは、その性質上、バーチャルオフィスを借り受けた企業がその住所を任意で使用することが可能です。つまり、バーチャルオフィスの住所は、犯罪などに利用される可能性もあり、審査内容としては、決してハードルの低いものではなくなっています。
  • 2.登記が許されないこともある
    バーチャルオフィスとしてのサービスを行っている会社でも、会社としての登記が難しい場合もあります。また、バーチャルオフィスの規定として、登記が許されない業種なども存在するため、契約の際に細かいところまで把握する必要性があると言えます。バーチャルオフィスのデメリットは、バーチャルオフィスを申し込むタイミングで考慮すべきものが殆どです。つまり、バーチャルオフィスの性質をわかっていれば、防げるものがほとんどであるため、サービス内容の確認は必須と言えます。

登録先URL:池袋バーチャルオフィス