当社について

東京・豊島区池袋で月額無料からの格安バーチャルオフィス(住所貸し)onWorkSpaceを運営しています。

onWorkSpace

基本料金0円から使える 住所利用/法人登記/郵便受取・転送サービスです。

最新ニュース

池袋バーチャルオフィスのメリット、デメリット

池袋のバーチャルオフィスは、レンタルオフィスやコワーキングスペースと異なり、起業する際に必要な住所、電話番号、FAX番号を準備することができる事や、郵送物の受け渡しなど、創業時に必要な情報とサービスを受けることができるサービスです。起業初期の方や、東京や神奈川に進出しようとしている企業様は必要なものを揃えることが出来ます。そして、バーチャルオフィスなら会社設立やオフィスを構える際の初期費用を最低限に抑えながらも、一等地のエリアでの法人登記住所や名刺住所を利用することが可能です。

バーチャルオフィスのメリット

自宅以外の住所で法人登記や開業届住所として一等地の住所を利用可能

自宅などを実質的なオフィスとして創業する場合でも、一等地の住所で法人登記や個人事業主の開業届をすると、その結果、信用力が上がり電話等の問い合わせが増えるなどの効果が期待できます。

起業時の初期費用を削減できる

一般的にオフィスの賃貸借契約には、保証金、礼金、前家賃など多額の費用が発生します。また、実際に事務所を借りるとなると電話やFAX、インターネット回線の敷設、OA機器やオフィス家具などの購入といった費用も大きな負担となりますが、バーチャルオフィスの場合はその費用も必要ありません。OnWorkSpaceの場合は、月額0円(別税)から東京、名古屋の住所を利用可能になるため初期投資を大きく削減することができます。

必要に応じてプランを追加できる

固定電話の番号が欲しい、名刺に携帯番号を載せるのは控えたいという方は、御社専用の電話番号も取得可能です。また、事業内容によっては、お客様からの電話が多く受信する事業者様もいますので、その場合は、電話秘書代行などのオプションを利用すると、電話応対を弊社が代行します。

郵便物等の受取り、転送ができる

バーチャルオフィスで、郵便物や宅配便などの受け取りをすることも可能です。自宅で登記などを行った場合は、法人名宛の郵便物、宅配便などが受け取りできないこともあります。また、郵便転送サービスなどのオプションを利用することにより、バーチャルオフィスに直接郵便物を引き取りに行かなくても自宅に転送することが可能です。

バーチャルオフィスのデメリット

同じ住所を利用している会社などが多い

バーチャルオフィスの場合は、同じ住所を利用している会社が多くいますので、インターネットなどで検索するとバーチャルオフィスということが分かる可能性があります。

法人銀行口座の開設が困難

バーチャルオフィスでの法人口座の開設が難しくなっているようです。しかし金融機関に、事業内容がわかるような必要書類を提出し、事業内容などをご自身でしっかりと説明できると口座の開設は難しくないようです。 場合によっては、池袋の近くの銀行のご担当者を直接紹介することも可能です。

許認可を取得が困難

労働者派遣事業・職業紹介事業や宅地建物取引業の申請、古物商など、業種によってはバーチャルオフィスプランでは許認可が得られない可能性があります。その場合は、所在地の明確な店舗が必要となるでしょう。また、許認可が必要な事業を行う、また、将来的に行う可能性のある場合は、許認可が取得できるかを事前に調べておきましょう。

バーチャルオフィスはこんな方におすすめです

1.とにかく起業時に費用は最低限で起業したい
2.普段は自宅などで仕事しているが一等地の住所で法人登記や名刺住所として利用したい
3.地方の企業が支店や営業所として利用したい
 ー支店登記がしたい
4.パソコン1台あれば仕事ができる職種の方
 ー フリーのプログラマー
5.セミナー講師やコンサルタントの方
6.女性起業家
 ー自宅を公開したくない
 ーセキュリティが不安)

バーチャルオフィスとは?

文字が表す通り「仮想(バーチャル)オフィス(事務所)」の総称で、実際に入居することなくオフィスとしての住所や電話番号の利用が可能なサービスのことです。単純に住所や電話番号の利用だけでなく、郵便物の受け取りや転送、会議室や作業スペースなどを時間で借りられるレンタルオフィスやバーチャルオフィスも多くありますので、自分の事業に見合ったサービスプランを見つけることが大切です。 onWorkSpace では月額0円~サービスを受けることができます。

バーチャルオフィスとレンタルオフィス

似たような用語としてバーチャルオフィス とレンタルオフィスには、どんな違いがあるのでしょうか。また、 コワーキングスペース や貸し会議室など様々なサービスが世の中にはありますが、ここでは、バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いについてお話したいと思います。

一般的にいわれるレンタルオフィスやコワーキングスペースなどの「オフィス賃貸」と「バーチャルオフィス」との大きな違いは、実際にオフィスとして、<<利用するか>>、<<しないか>>、という点です。

バーチャルオフィスでは、事業を始める際に必要な住所、電話番号などの基本的な情報だけを借りることができます。業務スペースはないので、レンタルオフィスよりも安価に一等地の住所を借りることができます。登記場所は銀行の融資や助成金の申請などにも影響するのできっちりと吟味をしてどこに登記するか熟考することも必要です。しかし、住所を登記に使えないケースもあるので、注意が必要です。

すでにオフィスを持っていて、さらに別の住所が必要な方であれば、バーチャルオフィスが便利で書類の転送などの業務を行っているので複数拠点をもつには便利でしょう。

例えば、複数法人を運営したいとき、同じ場所に登記してしまうと、銀行や信販会社から登記住所のデューデリジェンスをかけられることがありますが、別の登記場所ならその心配は一般的にはありません。もし、そのような要件で違う登記場所として使いたい時は費用も安くすむのでバーチャルオフィスはおすすめです。

法人登記と法務的問題

法人を登記するとき、もし、あなたが今住んでいるところに登記すると法律的に追い出される可能性があります。
 
自分の所有する自宅でも、マンションなどの管理規定に法人登記の禁止事項がある場合、こちらも控訴される可能性があるのです。
 
賃貸マンションやアパートでも同じように「法人登記可」と明記されていなければ、法人登記することはできません。
 
では、どこに法人登記すればよいかというと、事務所可、法人登記可の記載がある事務所やテナント、アパート、マンションなどになりますが、敷金、礼金、管理費、家賃等々、高額な資金が必要になってきます。
 
そのコストとリスクを回避出来る場所が、バーチャルオフィスやレンタルオフィスと言われるサービスです。
 
バーチャルオフィスやレンタルオフィスは、法人登記や郵便物の転送、電話番号やFAX番号の発行を行ってくれて、法人運営に必要なものすべてをそろえてくれます。また、オプションによって、法人登記を代行してくれるサービスや税理士を紹介してくれたり、弁護士を紹介してくれるサービスなどもあります。
 

池袋バーチャルオフィス一覧

池袋のバーチャルオフィスは全国的に知名度の高い「東京・池袋」の住所で登記可能。豊島区池袋、豊島区東池袋、豊島区南池袋、豊島区西池袋など。

池袋には池袋駅からの徒歩圏内にオフィス街が拡がっており、有名企業の本社・支社、IT関連企業などが多く集まっています。また大手百貨店(西武デパート、東武デパート、OIOI)や大型家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ)などの商業施設(映画館、スポッチャ)もあり、常ににぎわっていますね。有名なサンシャインシティもありますし、文化・教育施設(東京芸術劇場、立教大学)も点在している街です。

onWorkSpace池袋

onWorkSpace は、月額0円から借りられる新興のバーチャルオフィスです。

使える住所は「豊島区池袋」。西も東も南もつかない純粋な「池袋」という住所に法人登記できるメリットは大きいでしょう。池袋は乗車数全国2位、世界第2位のメガターミナルあり、交通利便性の高い駅ですが、そんな池袋駅から徒歩5分の距離に onWorkSpaceの池袋支店はあります。 個人事業主は0円~という格安というか、月額無料から使え、法人は4980円~利用できます。また、各種オプションも揃えられていて、新規に事業を立ち上げる人にはとても良いサービスを取り揃えています。

池袋 バーチャルオフィス

住所   東京都池袋2丁目
アクセス 副都心線「池袋駅」徒歩5分
     東京メトロ有楽町線「池袋駅」徒歩7分
     JR山手線他「池袋駅」徒歩7分
     西武池袋線「池袋駅」徒歩7分
     東京メトロ丸ノ内線「池袋駅」徒歩7分
     東武東上線「池袋駅」徒歩7分

■ゼロプラン 月額0円~(個人事業主)
     登記、住所利用、郵便転送

■スタンダードプラン 月額4980円
     住所利用、法人登記、郵便受取、郵便転送、郵便到着通知
■プロフェッショナルプラン 月額9980円
      住所利用、法人登記、郵便受取、郵便転送、郵便到着通 、ビジネスコンサルティング

バーチャルオフィスのオフィスナビ

池袋駅のお隣、「新大塚駅」からすぐの場所にあるバーチャルオフィスです。駅から1分ですから、郵便物を受け取りに行くときはとても便利ですね。

幅広い年齢層の方が利用していますが、オーナーさんがシニアなのでシニア起業家のかたは特に大歓迎だそうですよ。

オフィスナビの一番の魅力といえば、月額料金がとにかく格安なことでしょう。電話番号・転送サービスが不要な場合は月額3,000円以下。しかも年間払いにすれば、月額1,950円です!起業したばかりでコストを極力抑えたい個人事業主の方は、必見です。

4名用の小規模な応接スペースは1時間あたり1,500円で利用できます。ただし完全個室ではないので、情報管理が必要な打ち合わせには向いていません。このほかに、バーチャルオフィスの契約者が利用できる貸しデスクサービスあり。料金は1時間あたり1,000円です。外出中にちょっとPC作業をしたいときなどに重宝します。

住所 東京都豊島区南大塚
アクセス 丸ノ内線新大塚駅徒歩1分
     JR山手線大塚駅徒歩7分

■バーチャルオフィス格安コース 月額2871円(月額1950円/年間払)
     登記、住所利用、郵送物転送

■バーチャルオフィス転送電話コース 月額6482円
     登記、住所利用、郵送物転送、03番電話転送

■バーチャルオフィス転送電話コース 月額6482円
     登記、住所利用、郵送物転送、03番電話代行、共用FAX

Incubator7

こちらは池袋の駅前、「東京都豊島区池袋」の一等地に住所を持てるバーチャルオフィスです。プランは二つありますが、違いは電話番号・転送サービスの有無です。電話サービスがついたバーチャルオフィスプラン1のほうでも月額9,800円ですから、起業したばかりでも利用しやすいのではないでしょうか。

平日9:00~18:00は受付スタッフ常駐しています。届いた郵便物はこの時間内に事前連絡しておけば、無料で受け取れます。転送を希望する場合は週1回、指定の転送先へ送付してもらえます。レンタルオフィスも運営おり会議スペースもありますが、バーチャルオフィスの契約者は利用はできませんのでご注意ください。

住所    〒171-0014 東京都豊島区池袋2

アクセス  JR山手線池袋駅徒歩6分
      副都心線池袋駅徒歩4分

■バーチャルオフィスプラン1 月額9800円 
      登記、住所利用、郵便物受取・転送、電話転送

■バーチャルオフィスプラン2 月額4,900円 
      登記、住所利用、郵便物受取・転送

池袋アントレサロン

登記できる住所がもらえて、郵便物や宅配物の受け取りができれば十分、という方にはかなりオススメなバーチャルオフィスです。

アントレサロンは池袋のほかにも銀座、新宿、川崎、横浜などに店舗があります。メンバーは、契約した店舗以外の会議室やセミナールームも使用可能。20名~24名収容のセミナールームもあります。受付スタッフによるお茶出しサービス(オプション)を利用すれば、さらに好印象ですね。

月額料金は、わずか3,800円と格安。さらに会議室やセミナールームも、1時間あたり500円~1,500円で利用できます。

電話転送は月額4,000円+通話料のオプションサービスです。

住所     〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目

アクセス   JR線池袋駅徒歩5分
       丸ノ内線・有楽町線池袋駅徒歩6分

■基本プラン 月額3,800円 
       登記、住所利用、受付、郵便物受取

インスクエア池袋

駅からも近く、また豊島区役所のお隣ですから訪問者にも案内しやすいバーチャルオフィスです。営業時間中は受付スタッフが常駐していますし、電話応対も丁寧で信頼できます。電話応対は、不満があれば利用料を返金するという、返金保証付き。期待できますね。

またビジネスのお相手を安心して招くことができる会議室は、2部屋あります。レンタルオフィスも運営しているのでオフィス設備は整っており、その割には料金が安めです。

契約時は6か月分の利用料を前払いすることになっています。そのほかに通常は入会金として10,000円が必要です。ただしキャンペーン中は入会金がゼロ円になるので、お見逃しなく!

住所   〒171-0022 東京都豊島区南池袋2

アクセス 各線「池袋駅」東口(中央口)徒歩6分
     有楽町線「東池袋駅」1番出口より徒歩30秒

■ベーシックプラン 月額7,500円 
     登記、住所利用、アシスタントサービス、郵便物・宅配受取転送、会議室

■電話+テレアシスタントプラン 月額2,800円 
     アシスタントサービス、郵便物・宅配受取転送、会議室

池袋ビジネスサポート

海外または地方都市に本社を置いている企業が、池袋にほんの数か月だけ営業拠点を持ちたい。ほかのエリアで活動している個人事業主の方が、急に東京でオフィス形態を確保する必要が生じた。郵便物の受け取りができるポストもほしいが、携帯電話やデータ通信端末も手っ取り早く手配したい。

「池袋ビジネスサポート」は、こんなニーズに応えてくれます。バーチャルオフィスで郵便受け取りや電話番号の使用・転送サービスは当たり前に提供されています。でも携帯電話やデータ通信端末までレンタルできるところは、珍しいですよね。利用するには審査がありますが、きちんとした事業説明ができれば心配ありません。

また個人事業主の女性にうれしい、レディースプランあり。私設私書箱の月額プランが安くなっています。オフィスは池袋駅から徒歩数分で、好立地です。ただし法人登記はできません。

住所   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3丁目

アクセス 池袋駅徒歩3分
       
■パーソナルプラン 月額4320円(個人名で登録) 
       
■団体プラン    月額64800円 

■レディースプラン 月額3240円(個人名で登録)
      
いずれも基本プランは私設私書箱の利用料金。郵便物転送(1件216円、2個めから108円)、03番電話転送(10800円)などオプションあり

Karigoバーチャルオフィス東京池袋

Karigoバーチャルオフィス東京池袋は明治通りに面した「池袋駅東口から徒歩6分」のアクセスの良い場所にあるバーチャルオフィスです。

郵便物の受け取りは、転送のほかに営業時間内の直接受け取りもできます。営業時間は平日10:00~18:00です。
運営は全国40拠点以上で展開する大手Karigo。
>>Karigoの詳細はこちら

Karigoバーチャルオフィス東京池袋の会議室は1室で、8名用です。基本使用料は1時間あたり2,100円。ただしバーチャルオフィスの月額プランを通常料金で契約した場合は、プランによって3~6時間分が無料になります。

その月額プランを期間限定の割引キャンペーン開催中に契約した場合、ずっと割引価格で継続できます。プランによって通常料金より2,500円~5,000円ほど安くなるので、ねらい目ですよ!

住所   〒173-0013 東京都豊島区東池袋(提供住所)

アクセス JR山手線池袋駅東口徒歩6分
     丸の内線池袋駅徒歩7分
     有楽町線池袋駅徒歩7分
     副都心線池袋駅徒歩7分
     西武池袋線池袋駅徒歩7分
     武東上線池袋駅徒歩7分


■ホワイトプラン 月額3150円(個人)・5250円(法人) 
     登記、住所利用、荷物受取代行、共有FAX

■ ブループラン  月額10500円 
     登記、住所利用、荷物受取代行、共有FAX、電話転送

■シルバープラン 月額15750円 
     登記、住所利用、荷物受取代行、共有FAX、電話転送、電話代行

ワンストップビジネスセンター池袋

ワンストップビジネスセンター池袋は日本全国で25拠点超のバーチャルオフィスを展開する大手バーチャルオフィス運営企業の「池袋オフィス」です。

使える住所は「豊島区東池袋」。池袋は乗車数全国2位のメガターミナルあり、交通利便性の高い駅ですが、そんな池袋駅から徒歩3分の距離にワンストップビジネスセンター池袋はあります。登記は4,800円~という格安料金であり、また会員はワンストップビジネスセンターが保有する全国の会議室も1時間1,000円~という格安料金で使えるため、打ち合わせやセミナー開催など、必要に応じて活用できそうです。大手ならではの規模のメリットを享受できるバーチャルオフィスと言えるでしょう。

住所   東京都豊島区東池袋1丁目

アクセス JR池袋駅東口徒歩3分

■エコノミープラン 月額4800円
     登記、住所利用、郵便転送、来客対応、会議室利用、定款・株主名簿保管

■ビジネスプラン  月額8900円
     登記、住所利用、郵便転送、来客対応、会議室利用、定款・株主名簿保管、専用電話番号の転送、FAX転送

■プレミアムプラン 月額14800円
     登記、住所利用、郵便転送、来客対応、会議室利用、定款・株主名簿保管、専用電話番号での電話秘書対応、FAX転送